2022年この夏こそ『富士山』の山頂へ!

富士山登頂支援サービス 『富士山テスト』を受けてみませんか?

標高3,776m、高山病は”気合い”では治せません

今年も夏の登山計画を考える時期となりました。「今年こそ富士山に登頂したい!」「もう一度日本一の頂きからの景色をみたい!」そう思ってる方も多いのではないでしょうか。富士山の登頂率は約7割で、8合目の救護所を訪れるほとんどが高山病で苦しんでいる方々です。さらに登山の自粛などにより例年よりも標高の高い山に慣れていない方が多く、高山病のリスクが高くなっています。
念願の富士登山の前に高山病の対策をしっかり行い、安全で快適な登山にしましょう!(高山病の症状はLinkIconこちら

富士山をはじめ、国内登山を目指す方へ「富士山テスト」

 1.問診・・・登山/運動歴、過去の高所経験、健康状態の問診を行います。
 2.富士山テスト・・・4000m相当に設定した低酸素室に入り、安静20分、運動20分を行います。運動は、実際に山を登っているのと近い状態で、ザックを背負って行っていただきます。テストは、パルスオキシメータを使って血中酸素濃度と心拍数を測定します。また、スタッフが高山病に関する基礎知識から呼吸法や歩き方等の予防法のレクチャーを行い、実践して頂きます。(呼吸法についてはLinkIconこちら

富士山テスト利用料金

 1名様 6,000円
 2名様 5,500円/1人
 3-4名様 5,000円/1人
 ※ご家族やお仲間でご予約される際は、その旨をお伝えください。

オプション・・・肺機能測定(1,000円)、脚筋力測定(1,000円)


所要時間・・・約70分(低酸素室体験約40分)

持ち物・・・動きやすい服装・室内シューズ・水分補給用の水など

利用方法・・・要予約・お電話(03-3403-2061)やメールフォームからお申込み下さい

低酸素トレーニング

詳細はこちらをご覧下さい。
富士山テストで高山病の危険性があった方、不安要素があった方は出発までにトレーニングを行う事をお薦めします。ウォーキングマシンを使って、呼吸法や歩き方など習得する事ができます。運動トレーニングは1回休憩を含め90分、そのうち60分はトレッドミルや踏み台昇降運動で運動します。(トレーニングの高度は3,000〜4,000m相当で行います。4,000m以上の高度をご希望の場合は、LinkIcon海外高所テストを受けていただいてからのご利用になります。)

低酸素室 営業再開についてのお知らせ(2021年11月11日)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業を休止していた低酸素室ですが、2021年12月8日(水)より営業を再開させていただくこととなりました。人数制限などに伴い、営業日や時間、費用などを変更させていただいております。詳細はこちらをご覧ください。

何卒ご理解くださいますようお願いいたします。また、新規のプログラムも検討中です。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。