三浦豪太

ミウラ・ベースキャンプ所長

1969 年 神奈川県鎌倉生まれ。三浦ファミリーとしてアフリカ、キリマンジャロを最年少(11歳)登頂の他、エルブルース(ロシア)、モンテローザ(スイス)の遠征に同行。1991年よりフリースタイルスキー、モーグル競技をはじめ、以来10年にわたって全日本タイトル獲得や国際大会で活躍。主な戦績として長野オリンピック13位(現在日本人男子最高位)、ワールドカップ5位など日本モーグル界のリーダー的存在となる。1999年を区切りに勉学に専念。 2001年5月、米国ユタ大学スポーツ生理学部卒業後、㈱ミウラ・ドルフィンズにてフリースタイルワールドカップ解説、ソルトレイク冬季オリンピック関連の企画、スキー関係執筆活動やプロスキーヤーとして活躍するとともに2003年、父・三浦雄一郎とともに世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂、初の日本人親子同時登頂記録を達成する。

安藤真由子

低酸素トレーニング担当

福岡県宇美町生まれ。体育学博士。健康運動指導士、低酸素シニアトレーナー。鹿屋体育大学修士課程在学中は「生涯を通しての健康と運動」「競技スポーツの振興」を目的として、中・高校生や登山家をはじめとするトップアスリートの体力測定とトレーニングサポートを行い、2003年ミウラ・エベレストプロジェクトでも山本正嘉教授のもと体力データ解析などを手がける。高酸素環境をトレーニング現場へ用いるための研究も行い、学会でも発表。
また、自転車競技(ロード)を専門競技としても取り組み、2003年にはワールドカップオーストラリア大会に日本代表として参戦。
2005年よりミウラ・ベースキャンプの低酸素・高酸素室にてO2コントロールトレーニングシステムのトレーニングサポート及びデータ集積・解析などを行う。
2018年3月に鹿屋体育大学にて体育学博士の学位を取得。研究テーマは「海外での高所登山・トレッキングを安全に行うための身体のアセスメントとコンディショニングに関する研究」。

宮﨑喜美乃

低酸素トレーニング担当

1988年生まれ、山口県出身。小学1年生からランニングをはじめ、高校・大学では駅伝部に所属し全国駅伝に出場。鹿屋体育大学大学院にて登山の運動生理学の研究に励み、その知識を元に、世界最高齢でエベレスト登頂を果たしたプロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎が代表を務めるミウラ・ドルフィンズに就職。現在も低酸素トレーナーとして高山病予防のための低酸素トレーニング指導を行う。
25歳(2014年)の時、現所属チームのTHE NORTH FACEからレースの誘いを受け、トレイルランニングを始める。登山とランニングの経験、研究データを元にしたトレーニングにより、わずか1年弱でUltra-Trail Mt. Fuji(STY)にて女性優勝を果たす。2018年から100マイル種目に力を入れ始め、2019年11月には中東のオマーンで開催されたOman by UTMBで女性3位入賞を果たした。